イラストレーション科

Illustration

手描き、デジタル、
デザインも学ぶ。

    1. 身に付くスキル

    2. デッサン力 / 基礎画力 / 豊富な画材知識 / 個性的な表現力 / デザインソフトスキル / クライアントニーズに対応できる力

    1. 目指す職業

    2. イラストレーター / 絵本作家 / グラフィックデザイナー

在校生PICKUP

進級制作「花札」
テーマ:和風ファンタジー  制作時間:85時間  画材:iPad、procreate、アイビスペイント

Q.ニチデを選んだ理由は?

実は好きな作家さんの出身の別の学校と間違えていたことに、入学願書を出した後に気づきました(笑)オープンキャンパスには何度も参加して納得していたのと、別の好きな作家さんの卒業校というのもあり、そのまま入学しました。いろんな人に驚かれます(笑)

Q.ニチデに入って成長したこと、学んだことは?

締め切りのない絵しか描いてこなかったので、締め切りのある絵を限られた時間内でいかに完成度を高めるかが学んだことです。色の組み合わせも好みで選んでいましたが、配色の相性を深く考えるようになりました。

Q.作品制作の際意識していることポイントは?

自分が魅力的に感じる部分(フェチ)をどのように見せるか、全体のバランスを意識しています。

Q.心に残った講師からのアドバイスは?

入学前に美術予備校に通っていたときは、面倒くさがり屋でデッサンを指で擦って完成させていてそれでいいと思っていました。ニチデの授業で「全面がのっぺりして粘土のようになるからやめよう」と指摘されたのが衝撃的で、指導いただくうちに線だけででデッサン(立体感)を完成させられるようになりました!

Q.将来の夢ややりたいことを教えてください。

自分が描いたキャラクターや作品が誰かの推しになるような、誰かの心を動かすものを作りたいです。

イラストレーション科 授業内容ピックアップ

      • 授業名デジタルイラスト

      • 課題

        グループ展示に向けたデジタルイラストレーション

      • 課題の目的

        イラストレーション科のグループ展で展示するイラストを制作します。ストーリー性を持ったイラストレーションを制作し展示することで来場者にメッセージを伝えることを目的としています。またPhotoshop、CLIP STUDIO PAINTなどのペイントソフトの習熟も目指します。

      • 1週目(90分×2コマ)

        課題説明&ラフ制作

      • まずはテーマ、コンセプトを詰めていきます。イラストの中に登場するキャラクターの年齢や性格、世界観まで、一枚絵でもストーリーを熟考します。その後、描きたい衣装やアイテムなどの資料を集め、手描きでラフを描いて行きます。

      • 2週目(90分×2コマ)

        線画を元に色を置いていく

        ラフを元に色を置いていく作業です。構図、色合いのバランスを考えながら大まかな色を決めます。夏をイメージさせる「積乱雲」「空の青」は集めた資料を参考にしながら何度も調整を重ねました。 調整を重ねる際は担当講師と相談をし、アドバイスをもらいながら進めていきます。

      • 3週目(90分×2コマ)

        描き込み

        大まかな色合いが決まったら、ディテールを描き込んでいきます。このイラストでは人物、馬、馬車全てを黒で表現するので、明暗で立体感を表現する必要があります。キャラクターの服、馬車の木や金属の質感など明暗と共に質感表現も追求していきます。全体の描き込みが終わったらチェックに入ります。

      • 4週目(90分×2コマ)

        修正チェック

        積乱雲のテクスチャが強すぎることで手前の印象的なシーンが霞むので少し抑え気味に。パースや細かなディテールに修正やアドバイスを行い、再度調整に入ります。

      • 修正指示例

      • 5週目(90分×2コマ)

        仕上げ&提出

        アドバイスを元に全体に調整を加え完成させます。 雲に調整を加えたことで、手前の葬列の印象が強く引き立ちました。

      • 授業名イラスト実践テクニック

      • 課題

        イラストレーションの意味・考え方・制作の進め方

      • 課題の目的

        グラフィックデザインとの関連性やコミュニケーションのツールとしてのイラストレーションの必要性を考え、使用される媒体を想定しながら制作に取り組みます。

      • 1週目(90分×2コマ)

        課題説明&資料検索

      • 制作内容やクライアント、サイズ、使用媒体などを想定し自分なりのコンセプトを作成します。

      • 2・3週目(90分×4コマ)

        ラフ制作&チェック&線画

      • コンセプトからイメージしたアイデアスケッチを描いていきます。アイデアを固めながら徐々に下描きに入り、全体のバランスを見ながら進めていきます。より良い作品に仕上げるために、各工程で担当講師からの修正やアドバイスを受けます。ラフが完成したら線画に入ります。

      • アイデアスケッチ

        ラフスケッチ

      • 4週目(90分×2コマ)

        着色&チェック

      • 鉛筆、色鉛筆、コピック、水彩絵の具、油彩絵の具など様々な画材の中からコンセプトに合った画材をセレクトし、着色の工程でも担当講師のチェックをこまめに受けながら進めていきます。

      • 5週目(90分×2コマ)

        仕上げ&提出

      • POINT.1

        豊富な画材知識を
        習得できる。

        水彩/アクリル絵具/オイルパステル/パステル/色鉛筆/コピックなどのそれぞれの特性の違いや素材の違いを徹底的に理解することで、媒体やコンセプトに合わせた作品を作ることが出来るようになります。

      • POINT.2

        個展も夢じゃない!?
        数多くの展示会を開催。

        年間を通して作品展を開催します。作品制作では講師陣からの指導や審査も踏まえてサポートし、より見られる事を意識した作品に仕上げていきます。展示会では外部からの評価を得られることはもちろん、人脈作りの大きなきっかけとなります。

      • POINT.3

        デザインもできる
        イラストレーターを目指す。

        イラストのみで活躍することは昨今とても厳しい環境になっているため、継続した活動が必要となります。また情報の流れをいち早く掴むためにデザイン業界に身を置くことがとても重要になってきます。そのためニチデでは就職を意識したデザインスキルを身につけます。

      • 2年間の学びのステップ

        1年次

        ・デッサン力/基礎画力のアップを目指す。
        ・幅広い画材の特徴と使用方法の基礎を身につける。
        ・業界理解を深める。
        ・コミュニケーション能力を磨く。

      • arrow_downward
      • 2年次

        ・応用画力/表現力のアップを目指す。
        ・得意な画材を使用した応用表現を磨く。
        ・デザイン分野の知識/技術を身につける。
        ・希望就職先に向けた作品制作。

その他のカリキュラム

学生作品

それぞれの作品をクリックすると拡大表示されます

他の科も見てみる

マンガ科

写真映像科

Webデザイン科

デジタルアニメ科

グラフィックデザイン科

コミックイラスト科

雑貨デザイン科

ゲームCG科

小説科

1:1トーク イベント予約 在校生作品 イラスト講座

ニチデの資料請求

nichideの想いが詰まった、パンフレット。